事務所を移転しました

当法律事務所は、平成24年11月1日に神奈川県川崎市川崎区に移転しました。
平日の移転ということもあり、電話がつながらない時間が出るのではないかと危惧しましたが、大きな問題もなくスムーズに切り替えをすることができました。

移転の半月ほど前に、事務所物件の前テナントの撤去作業が終わり、物件がきれいな状態になりました。

その後、パーティションの工事が入りました。パーティション自体は外で製作されていて、事務所では組み立てるだけですので、1日で作業が完了しました(理屈では分かっていても、1日で壁面ができてしまうと驚きます)。パーティションは、天井まで閉じられたもので、声が漏れることを心配せずに打ち合わせできます。

移転の2日前には家具が搬入されました。今回のオフィスでは大型のフリーアドレスデスクを導入しています。フリーアドレスといっても実際には各スタッフが座る場所は固定されると思いますが、臨機応変に机上のスペースを活用できるので、書類を大量に広げるときに便利です。ここを常に片付けておくことが今後の課題です。

また、オフィスチェアについては作業効率と直結しますし、腰痛など健康面への影響も大きいので、スタッフ用のものについても十分に考えて選定しました(ITOKI epios)。

弁護士も、このデスクに座って仕事をすることになります。ほとんどの法律事務所では弁護士は区切られた弁護士スペースに席を置いているのですが、新事務所ではそういう弁護士スペースは設けませんでした。弁護士とスタッフの距離が離れていると、スタッフに仕事を頼むときにいちいち席を立って移動してから指示をすることになり、効率が悪いためです。また、弁護士スペースが必要以上に場所を取ってしまってスタッフの机が小さくなるのでは、スタッフの作業効率が落ちてしまいます。

移転前日には、旧事務所からの荷物が大量に搬入されました(ほとんどは法律関係の書籍です)。なるべく早い段階で段ボールの山を片付けて、新しい環境で仕事に集中したいところです。

事務所全体で効率の良い業務を心がけていきますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者:

弁護士 澄川 圭

弁護士 澄川 圭

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)川崎支部所属。一般民事事件及び家事事件のほか、英語関連の業務(英文契約書等)を多く取り扱っております。