債務の任意整理

plant2 借金を抱えている方が、現在の契約内容では返済できないが、返済条件が緩やかになれば返済を継続できる場合があります。弁護士が介入して債権者と交渉をすることで返済条件を変更することを「任意整理」と呼びます。

債権者によっては、分割での任意整理に応じる条件として返済期間を3年ないし5年以内に限定することがあります(債権者によって異なります)。このため、分割払いで3年ないし5年以内に完済できることが、任意整理が可能な一つの目安となります。

こうした条件を満たせないような場合は、個人再生や破産について検討していくことになります。

御自身の状況に合った解決方法を見つけるためにも、債務返済で悩んでいる場合はなるべく早く弁護士に相談をしてください。当事務所では、借金関係(任意整理、個人再生、破産)に関する相談は初回無料で対応しております。

川崎 鶴見 蒲田 弁護士 交通事故 自動車事故