訴状及び裁判書類の翻訳(日本語,英語)

※注※ 日本の裁判所に提出する書類の翻訳については、弁護士の方からの依頼に限ります。弁護士以外の方については、原則として事件そのものをご依頼いただく必要があります。

_海外に居住する人を相手に訴訟を起こす場合は、訴状等、裁判書類の翻訳が求められます。

_訴状を翻訳する際に、日本の法律知識がないと、一見適切に訳せているが、内容が誤っている訳文ができてしまうことがあります。法律用語には「瑕疵担保」「危険負担」など、難解なものもあります。英日法律辞典を引けば、それらしい訳語は載っていますが、どの訳語が適切かの判断は必要になります。一般の翻訳者が、翻訳の過程で法律用語の意味を的確に理解しながら作業を進めようとしても、ほぼ不可能です。法律家には常識である「悪意」という言葉の意味さえ、「善意」で誤って訳してしまう翻訳者も多いでしょう。

_仮に、訴状の翻訳が不適切に行われた場合、後で判決の効力についての無用のトラブルが生じることもあります。終局的な解決を得るために手間をかけて訴訟をするわけですから、このようなことはできる限り避けるべきといえます。

_このため、訴状の翻訳は、原則として弁護士がすべき作業と考えます。少なくとも、弁護士が最終的に目を通してチェックするようにすべきです。弁護士の関与がないと、単語の誤訳だけでなく、全く意味の通らない文書ができあがってしまうことも多いのです。

_ご依頼を検討される場合は、ご一報の上、メールにて原文のファイルをお送りください。ファイルの内容(分量)を確認した上で、見積書をお送りいたします。

翻訳のみのワード単価 (税別)
_編集、DTP等は含まれません。MS Wordまたは一太郎の原文ファイルを提供していただき、同種ファイルでの納品をする前提での金額です(他の形式についてはご相談ください)。なお、特許関係、技術関係など、用語集が含まれるような特殊な場合は別途見積りをさせていただきます。

 単位単価
英語 → 日本語英単語1ワードあたり50円
日本語 → 英語日本語1文字あたり40円

最少額は10,000円(税抜き)とさせていただきます。

訴状翻訳 (日本語 → 英語) の費用目安
_裁判所書式で A4 用紙 1 枚 20,000 円程度です(本文部分)。