求人情報(弁護士)

澄川法律事務所(神奈川県川崎市)の求人情報

弁護士(司法修習生及び既登録弁護士)の募集

・事務所の主な業務内容

当事務所の主な業務内容は、企業法務(英語を含む契約全般、債権回収、企業再編、事業承継)、破産管財、労働事件、成年後見、相続財産管理、交通事故、遺産分割、不動産関係、離婚、相続、その他一般的な民事事件及び家事事件です。刑事事件は業務全体の中での比率はそれほど高くありませんが、澄川が弁護士登録初年度から刑事弁護センター運営委員会の委員として裁判員裁判対応の研修等を担当してきたこともあり、裁判員裁判も相当数経験しています。若手弁護士には、弁護士としての現場経験を積むためにも、積極的に刑事事件を受任していただきたいと考えています。

・事務所の特徴

当事務所では、上記の通り広い範囲の国内事件を扱っていますが、事務所の特徴として英語対応(渉外業務)が挙げられます。英語での情報発信(https://sumikawa.net)をしているため、日本在住の外国籍の方々からの民事・家事事件に加え、国内外の企業から英文契約書等の相談及び依頼が相当数あります。事務所の弁護士及び事務職員の全員が英語でコミュニケーションできますが、英語でのコミュニケーション能力をさらに向上させるために定期的に英語講師を招いてトレーニングも行っています。

・事務所の考え方及び希望する人材

① 在日外国人のサポート
当事務所では、外国人の方々が法律問題について日本人と同じように相談できる環境を構築していきたいと考えて活動をしています。日本には、日本語がしゃべれないという理由で法的なサポートを受けられない方々が多く存在しており、このことは国際化しつつある日本の社会インフラとして大きな問題です。今後より多くの方々をサポートできる環境を作っていくため、このような事件に興味のある方に入所していただき、事務所の規模を拡張していきたいと考えています。

② 県内・市内での渉外弁護士の充実
東京とは異なり、神奈川県には英語での業務を行う弁護士がほとんどいません。神奈川県内には国際的な企業が多数存在しますが、英語対応をする弁護士が少ないことから、こうした企業は時間とコストをかけて東京の弁護士に依頼せざるを得ない状況があります。今後、神奈川県内・川崎市内で英語対応できる弁護士を増やしていくためにも、渉外業務に興味のある方に入所していただきたいと考えています。

③ 多様な事件
当事務所の特徴は英語業務ですが、上記のとおり国内事件も幅広く扱っていますので、渉外事件に偏ることなく弁護士としての経験を積んでいくことが可能です。渉外事件で得られた知識や物の見方が国内事件で活かされることもしばしばあります。

④ 人とのつながり
川崎市の人口は近年150万人を超えましたが、さらに大きい東京・横浜に挟まれていることもあり、地方都市的な色合いも強い地域です。当事務所は川崎市内に事務所を置いているご縁から、川崎市内及び周辺での人的つながりを大切にしています。また、川崎市では、弁護士同士及び他士業とのつながりも強く、多くの優れた専門家との緊密なつながりが作れます。当事務所としては、様々な業界の方々と出会い、様々な情報に接することを心から楽しめる方に入所していただきたいと考えています。

⑤ 出産・育児の支援
当事務所は小規模事務所ではありますが、男女共同参画の理念をできる限り実現していくため、事務所メンバーの出産・育児の支援体制を強化していきたいと考えています。

勉強会
当事務所では定期的に、他事務所の弁護士や他士業の方々との研究会・勉強会を開催しています。こうした研究会・勉強会に積極的に参加する方を求めます。

・報酬及び個人事件

【事務所事件】
事務所事件をある程度担当して頂く前提で、月額固定30万円程度を考えています。昨今の情勢からすると金額が低いと感じるかもしれませんが、勤務弁護士に担当してもらう事務所事件数は常時数件~10数件程度で、個人事件を含めて忙しくなりすぎないような業務量に抑えています(時間については下記参照)。なお、一定期間勤務後に事務所事件をより多く(あるいはより少なく)担当したいという希望がある場合は、改めて報酬等について相談の上決定します。

【個人事件】
個人事件受任は原則自由です。法律相談から事件を受任することも含めて弁護士としての能力であると考えていますので、勤務弁護士には積極的に個人事件を獲得して頂きたいと考えています。個人事件の収入から一定の割合で事務所経費を入れて頂きます。弁護士登録や登録替え当初は、国選刑事弁護や法律相談の割り当てがないことがほとんどですが、当事務所では担当交代などにより個人事件獲得の機会も提供できる見込みです。

個人事件についても、事件処理の方針等について他の弁護士に積極的に相談して頂きたいと考えています。
・実務では、一から自分で調べるよりも、人に聞いてしまった方が適切なことも多々あります。
・個人事件といえども、事務所に所属する弁護士の仕事の質は、事務所にとって非常に重要な関心事です。相談して頂くことが、事務所のためにもなります。

【年収のイメージ及び収入保証】
新規登録弁護士の場合は、普通に9時~18時で働いて、合計収入600~800万円程度がモデルケースになるものと思います。もっとも、さらに多くの事件を獲得して収入を増やしたいという方についてはこの限りではありません。

初年度は不安もあると思いますので、入所後1年間の収入(事務所報酬及び個人事件)が540万円に達しなかった場合、差額を事務所から支給することを考えています。ただし、普通に仕事をすれば、初年度からこれ以上の収入が得られる可能性が高いとは思います。(また、弁護士登録後1年間については、弁護士会の会費は事務所負担とする予定です。)

※司法修習中に給与・給付金の支給されなかった65期以降の方々については、司法修習中の貸与金の返済開始までの在籍年数や業績に応じて事務所として補助を予定しています。

・時間の使い方

事務所の営業時間は9時から18時です。
事件処理さえ遅滞なくしていただければ委員会活動等に時間を使うことは自由です。営業時間を超えて長時間働くことも想定していません。現状、弁護士・事務職員ともに18時頃には退勤していますし、弁護士会の休日当番や休日相談などに登録している場合を除き、土日の出勤もありません。子育て中の方など柔軟な勤務も可能です。

・応募方法

興味のある方は、電子メールにてご連絡ください。その際、メールに履歴書を添付してください。書類選考の上、当方から面接日程をご連絡します。

連絡先メール web@smkw.biz(宣伝・広告メールの送信はご遠慮ください)

【子育てなどでフルタイム勤務は難しい方】

弁護士は、事件数を減らし、かつ、事務所のメンバーの協力があれば、時間の制約があっても仕事の質を落とすことなく働ける職業です。また、近年では弁護士が随時フォローしておくべき情報量が増えていることもあり、キャリアを途切れさせることなく仕事を続けるメリットは非常に大きいといえます。子育て中の方について柔軟な形での受入れもしていきたいと考えていますので、ご興味があればお問い合わせください。