交通事故の「症状固定」とは?

交通事故で骨折などの怪我を負った場合、事故後も、医療機関に入院もしくは通院するなどして医師による治療を受けるのが一般的です。そして、医療機関で治療を続けていると、時間が経過するにつれ、怪我は徐々に快方に向かっていきます。

怪我は事故時点をピークに、時間が経過するにつれ快方に向かっていきます。しかし、ある一定程度まで治療が進んだものの、もうそれ以上は治療しても良くならない、という状況になることがあります。この状況に至った時点について、症状がそれ以上にも以下にもならないという意味で、「症状固定日」(≒治癒)と呼ぶことがあります。

この「症状固定日」ですが、交通事故の損害賠償請求で度々問題になります。以下では、「症状固定日」が何に影響するのかということについてご説明します。

症状固定日は何に影響するか?

損害賠償請求において、症状固定日は賠償額の計算に関わってくるので、大変重要です。ご本人に特に影響があるのは、症状が固定すると、治療費が支払われなくなるという点です。これ以上は治療をしても意味がないということで、治療費が打ち切られるのです。

他には、下記のような損害の請求の可否が症状固定日を境に振り分けられます。

(1)症状固定日以前

  • 治療費
  • 休業損害
  • 入通院慰謝料など

(2)症状固定日以降

  • 後遺症慰謝料
  • 逸失利益

症状固定日はどのように決められるか?

症状固定というのは、治療がそれ以上すすまない状況ですので、基本的に主治医が判断することになります。ただ、特にむち打ちなどで自覚症状しかない場合は、本人の申告の有無が重要になってきますので、治癒の時期について医師と良く相談するようにしてください。

また、むち打ちの場合は、保険会社は早めに症状固定とする傾向があるので、まだ通院する必要があるような場合には、安易に承諾をしない方が良いでしょう。

川崎 鶴見 蒲田 弁護士 交通事故 自動車事故